性器ヘルペスは性器、その周辺に赤いブツブツや水ぶくれ等ができる症状で、感染の原因はやはり性行為をする事で移る場合が多く、人によっては感染の症状が出ない場合もあります。性行為をする場合は特に気をつけましょう。

発展途上国とヘルペスそして胃との関係

発展途上国になると、日本と比較すると衛生状態の悪化からヘルペスの感染率が小児から高い傾向があります。ヘルペスと聞くと性病感染の一種と聞こえ、小児のころから発展途上国の子供たちは感染するというと、変な想像をしてしまいがちですが、ヘルペスにも種類があります。性行為によって感染するものと、日常生活を送るうえで感染するものがあります。発展途上国の子供たちが感染するタイプはあくまでも後者になるでしょう。

ヘルペスは一度感染をしてしまうと、発症しないための工夫が求められます。発症する契機は、免疫力が落ちた時やストレスが溜まった時などがあげられます。また胃が荒れたときにヘルペスを発症しやすいという方もいます。これも免疫力とストレスの関係から胃は切って離せない関係であり、風邪を引いたまたはストレスが溜まったときに胃に最初に来るという体質を持つ方もいますので、何も珍しいことがではありません。大切なのは、自分のヘルペス発症の契機をして、如何にして防ぐかということです。

防ぐ方法は、免疫力を高める、ストレスを溜めないなどがあげられます。しかし日常生活を送っているのであれば、それらを完璧に防ぐと言うのは難しいことでしょう。もし発症しても慌てないで済むように、対処方法を事前に知っておくことも重要です。対処方法は医薬品でヘルペスウイルスの増殖を抑える方法です。この方法であれば、ひどくなるまえに対処することができ、あの不快感から解放されます。多くの方がそのまま放置しておくと1週間から2週間ほどで改善することも多いですが、重症化すると性器であれば排尿時や、口唇であれば飲食が困難になり衰弱することもありますので注意してください。