性器ヘルペスは性器、その周辺に赤いブツブツや水ぶくれ等ができる症状で、感染の原因はやはり性行為をする事で移る場合が多く、人によっては感染の症状が出ない場合もあります。性行為をする場合は特に気をつけましょう。

性器ヘルペスは性行為だけでなく咳でも感染の恐れ

性に関する意識がかなりオープンになったせいでしょうか、昨今は、性病が著しく増大しつつあります。
性病にはいろんな種類があり、ほとんどが、性行為がきっかけとなって感染するのが一般的です。
ただし、近年に感染者が多い性器ヘルペスは事情が違います。
性器ヘルペスに感染するまでの経緯というのは、必ずしも、性行為だけというわけではありません。
実のところ、性行為以外での感染が非常に多いのです。
感染をもたらすウイルスは、ペニスや膣などの性器だけにとどまらず、それ以外のさまざまな部位にも感染するのです。
性器から他の部位に感染する、あるいは、他の部位から性器に感染するということは、決してまれな事例ではありません。
オーラルセックスによって、性器から唇にうつる、あるいは、その逆のケースもよくあります。
また、患部から手を通じて目に感染した、という例もあります。
しかも、このウイルスは非常に感染力が強いのです。
皮膚や粘膜に直接触れたという以外でも、手やタオル、食器などを通じて感染する例も少なくありません。
たとえば、もし口唇に発症している場合はキスでも感染しますし、咳やくしゃみなどの飛沫感染という事態も起こり得ます。
ペニスに手で触れただけでも感染した例もあります。
性器ヘルペスに感染したときは、極力、性交渉は避けるのが望ましいです。
どうしてもというときは、ペニスにコンドームを適切に装填し、なおかつ、フェラチオやクンニリングスは行わないようにするのが安全です。
コンドームをしたから万全というものではありませんが、しないよりははるかに確実です。
とにかく、咳やくしゃみでも感染するほどですので、慎重にも慎重を期すべきです。
性器ヘルペスに感染していると診断された人は、たとえば咳をするときも、手で口を覆って、後で水道で洗うぐらいの配慮が求められます。