性器ヘルペスは性器、その周辺に赤いブツブツや水ぶくれ等ができる症状で、感染の原因はやはり性行為をする事で移る場合が多く、人によっては感染の症状が出ない場合もあります。性行為をする場合は特に気をつけましょう。

多くの日本人に関係するヘルペスは名医に相談

身近なウィルスとしてヘルペスウィルスがあります。症状が出た事がない方からすれば他人事のように感じてしまうかもしれませんが、しかしながら実は日本人の殆どの方がウィルスを持っていますので、単に症状が出ていないだけの場合があるのです。
そして特に日本人が感染していると言われているのが単純ヘルペスウィルス1型です。1型には口唇ヘルペスをはじめ、ヘルペス性歯肉口内炎、カポジ水痘様発疹症などが挙げられますが、1型の場合は日本人の70%程度の方が感染していると言われています。
ヘルペスは疲労や何らかの病気などによって免疫力が低下している時に発症し易いとされていますが、もし発症した際には自然に治る事もあるものの、症状が悪化する事もありますので、そのような時には抗ヘルペスウィルス薬を使用して対策する必要があります。薬には経口薬と外用薬がありますが、症状に合わせて選択します。
しっかりと対策を行う事で比較的簡単に改善できる事もありますが、しかしながら再発を繰り返してしまうようなケースもあるとされています。そのような時には名医に相談する事が大切です。多くの場合は免疫力が低下する事によって再発しますので、免疫力を低下させないようにする事が再発させない為の防止策ではあるのですが、免疫力の低下だけが原因になる訳ではありません。時には紫外線やアルコールの飲み過ぎなどによって症状が出る事がありますので、どのような原因によって発症しているのかをよく知る必要があります。その為にもヘルペスに詳しい名医に相談した方が安心です。また、ヘルペスの症状によって頼る名医も違ってきますので、具体的にどのような症状に悩んでいるのかを踏まえながら選ぶ事が大切と言えます。