性器ヘルペスは性器、その周辺に赤いブツブツや水ぶくれ等ができる症状で、感染の原因はやはり性行為をする事で移る場合が多く、人によっては感染の症状が出ない場合もあります。性行為をする場合は特に気をつけましょう。

ヘルペス感染症の血液検査などの検査について

「ヘルペス」とは、ヘルペスウイルスというウイルスが、皮膚や粘膜に感染する病気です。
種類は、お腹から背中にかけて帯状に水ぶくれやただれの症状が現れる帯状疱疹、口の周りにできる口唇ヘルペス、性器に水ぶくれやただれができる性器ヘルペスです。
性器にできるヘルペス感染症の原因のほとんどは、性行為といわれています。しかし、性行為だけで感染するのではなく、オーラルセックスやタオルの共用、便座などからも感染します。又、性器からの感染は非常に感染力が強いので、ウイルスに触れただけでもすぐに感染することがあるので、注意が必要です。
ヘルペス感染症に感染しているかどうかの検査は、医療機関で施行する血液検査で判明します。ウイルスに対する抗体を検査します。血液検査での抗体にはウイルス1型とウイルス2型の二つの型があり、どちらが陽性になるかでどの種類の感染症にかかってるかも分かります。もちろん、発疹などの症状が出ている場合は、発疹ができてる箇所によって視診で診断は可能です。
ウイルス1型は、口の周りにできるウイルスです。ウイルス2型は、性器に感染できるウイルスです。
性器にできるウイルスは、発疹のほか、発熱症状が見られます。女性は、排尿時にかなりの痛みを伴うとされています。
ヘルペス感染症の疑いがある場合は、皮膚科や婦人科、泌尿器科や性病科で診察が可能なので、気になる症状があれば、医療機関に受診しましょう。又、自覚症状がなくても、パートナーに症状が出ている場合も、速やかに受診をして、血液検査などの検査で診断を受けることをお勧めします。
又、ヘルペスに感染しないためにも、日頃から清潔にして、コンドームなどの使用を心がけて性病感セの予防を行いましょう。