性器ヘルペスの感染症状

性器ヘルペスは性器、その周辺に赤いブツブツや水ぶくれ等ができる症状で、感染の原因はやはり性行為をする事で移る場合が多く、人によっては感染の症状が出ない場合もあります。性行為をする場合は特に気をつけましょう。

性器ヘルペスの感染力は?

性器ヘルペスは単純ヘルペスウィルスが感染して起きる病気です。主として性的接触により感染し、飛沫感染や空気感染はありません。一度感染すると根治することは難しく、ウィルスがいつまでも体内に残ります。初めて感染したときは発疹や潰瘍、排尿時の痛みなど強い症状が出ます。治療すれば症状は治まりますが、風邪やストレスなどで体力が弱ったとき、何度でも再発する可能性があります。ただし再発するたびに症状は軽くなります。
ウィルスそのものは乾燥や熱に弱いため、性器ヘルペスの感染力は、症状が出ていないときは強くありません。とはいえ感染しないわけではないので、不特定多数との性行為は避けるべきでしょう。症状が出ているときは、患部の発疹にウィルスが大量に含まれているため、感染力も非常に強くなります。性的接触だけでなく、トイレの便座や風呂場の椅子、タオルなどから感染することもあります。家族に感染者がいる場合は、便座を消毒したり、別々のタオルを使う等の配慮が必要になります。性行為の際にはコンドームの使用で、ある程度リスクを軽減できますが、完全に予防することはできません。コンドームに覆われていない患部に接触すれば、感染する危険があります。また口唇ヘルペスが性器に感染することもあります。できるだけ患部に触らないこと、触った手はよく洗うことが大切です。
症状のない感染者から、知らないうちに感染している場合もあるため、性器ヘルペスが発症したからといって、必ずしも不貞の証拠にはなりません。感染を隠して性的接触を繰り返せば、被害を拡大することになるので、性器ヘルペスの疑いがあるときは、早めに医師の診断を受けて対策を講じることが重要です。

■誰にもバレずヘルペス完全自宅治療を!
ジスロマックで症状改善を目指す!